top of page

はじめてのKeikiali`iのショー




2012年7月

アメリカ滞在時に

あるワークショップで

Kumu Kawika Alfiche(Hālau o Keikiali`i)

と出会い

数日後に行われたLowell Folk Festivalで

再会しました。


習っていた教室の皆さんに連れて行ってもらい

そこは映画でみたアメリカのお祭りのようで!


観客の皆さんは

芝生の上に座って

食べながら、飲みながら、

楽しそうにこの時間を

楽しんでいらっしゃいました。


はじめてみるカヒコのショーでは鳥肌がたち、

大草原の空にKumu Kawikaのオリが

響き渡りました。



「Ho`i Hou Mai」をはじめて聞いた私は

曲の美しさにビービー泣いていました。


最後にステージから

「日本からフラダンサーがきていて

 一緒に踊ってくれるかな」という声が。。


まわりを見まわしていたら、

どうやら私のことだったらしく

一緒に行ってくれたAさんが

「ほらほら、あなたのことよ!」と

背中を押してくれ、みんなでステージに!


Ka Uluwehi o ke Kaiを踊りました!


踊り終わってステージからおりると

アメリカ人のお客様が数人立ち上がって

とってもよかったよ!と

声をかけてくださり握手までも!


日本にはない海外でのおもてなしを

感じることができました。


その時はまだカヘアの大切さを知らず

1番から4番まで2回ずつ歌われるものと

思って踊っていました。


そう、歌をよく聞いていなかったのです。

途中で「あっ!」と気づいたものの

本当にダンサーとして恥ずかしいことを

してしまいました。


今では、フラは歌があるから踊れる、

カヘアの大切さ、タイミング、

ミュージシャンへのリスペクトを

しっかり教えることができるように

なりました。


盛り上げる大切さもうるさく言います(笑)



写真はその後の彼らの宿泊先のお食事処。

ダンサーの皆さんには本当に優しく

迎えてくださり

彼女たちがいなければ

今のわたしはなかったかもしれません。


そうそう!

背中をおしてくれたAさん!

Ho`i Hou Mai♪を聞きながら

ビービーないている私のとなりで

Aさんもビービーしていました。


やっぱりこの曲を聞いたら泣いちゃうよねーと

帰りに話したら

「私は芝生アレルギーだから泣いてたの!」

だったそうで...

大笑いしたのでした。


この日から3日間

2日目は家族と

3日目は1人で

慣れない車の運転をして

ハイウェイをかっ飛ばして

ショーを見に行きました。


これは内緒。





Comentários


bottom of page