医学部受験に合格する方法

医学部の問題は一つの英文が長く、生半可な知識量では太刀打ちできません

家庭教師のトライ

闇雲に勉強するだけでは点数を上げることは難しい医学部の問題は一つの英文が長く、生半可な知識量では太刀打ちできませんすべての範囲を網羅する勉強方法が合格へつながります

さらにはその公式を使いこなす能力を身につけることで、一つの問題に対していくつもの解答方法からアプローチできるようになります。
医学部受験には物理は必須ですが、数学は物理を正解するための計算方法との側面もありますので、計算速度を上げることもまた重要になってきます。
次に重要な科目は英語です。
文系理系問わずどの学部を受験するときにも大切な科目ではありますが、特に医学部の問題は一つの英文が長く、生半可な知識量では太刀打ちできません。
文法、単語、熟語、リスニングの全てをまんべんなく身につけることが理想ではありますが、英語にそれほど時間をかけられない生徒は単語をひたすら覚えましょう。
英語の文法はそれほど多くなく、それよりも構文、一つの文の中でその単語がどの場所にあるかで意味や目的が決まる言語です。
動詞を中心にその前にあるのか、後ろにあるのかで大まかに分けることで判断できる場合もあります。
指導する先生の中にはわからない単語の意味は前後の関係から類推すると教える人もいますが、そんな事ができるようなら誰も苦労して英単語を覚えませんから現実的ではありません。
試験という限られた時間の中で英文の意味を理解するためにも、単語の意味は即座に理解することが求められますので、ひたすら覚えることが必要です。
覚えるときには声を出して自分で発音することも忘れてはいけません。